茶室

カテゴリ:ポートレート( 2 )

おい甥おい姪

わが子のように可愛がっている我 姪と甥です。

俺が子供のころの話。
夏休みに田舎の祖父母の家へ泊りに行くのが恒例だった。

おじいちゃんは昨年天国へ。
大好きだったおじいちゃん。

おじいちゃんは物をめちゃくちゃ大切にする人だった。
靴もボロボロになるまで履き。破れても縫って履きつづけていた。
お金がなくて靴が買えないわけではない。
愛着があるのだ。

孫からもらった毛糸の帽子。(映画レオンでジャンレノがかぶってたようなやつ)
会う時には必ずかぶっていた。ずーーーーっと。何年も。
あのボロボロかげんを見ると、毎日かぶっていたに違いない。

勉強が苦手だった俺。(今もですが)
そんな俺におじいちゃんは。
「おめぇは頭がいいんじゃから。大丈夫大丈夫。」(岡山弁)
俺の何を見てそう言ってくれていたのかは解らない。
ただ、そいう言ってくれる、おじいちゃんの優しさ。愛情を感じていたように思う。

おじいちゃんは剣道の有段者だった。
毎日毎朝古い木刀をずーーーっと振って鍛えていた。
何年もずーーーーーーっと日記も書き続けていた。
形見としておじいちゃんの名前の彫られた木刀は譲ってもらった。

悪質な犯罪が毎日ニュースを賑わしている。
なぜあんな犯罪を起こすのかは理解ができない。
ただ、そういうニュースを見ると。
なんとなく、子供のころの思い出って人生の上では重要なんだろうなあと思う。

俺には姪と甥がいる。姪と甥にはまだ従兄がいない。
叔父である俺が親戚の中ではよい遊び相手。

夏休みなどに会うと、何かして楽しませてやろうと思ってしまう。
彼らの人生にとっても子供のころの思い出、すげー大事だと思う。

camera:Panasonic Lumix DMC-FZ5
f0190217_2336662.jpg
f0190217_2335416.jpg
f0190217_23351759.jpg

[PR]
by tatsunii0810 | 2008-10-27 23:35 | ポートレート

地震・雷・家事・おやじ

ポートレート、人を撮るということはとても難しいですね。
家事中の嫁で練習。嫌がる嫁を激写です。

camera:Panasonic Lumix DMC-FZ5

f0190217_0364992.jpg

f0190217_047254.jpg

f0190217_153325.jpg


f0190217_0565860.jpg

[PR]
by tatsunii0810 | 2008-09-24 00:59 | ポートレート